空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラダリセット(河野裕)

「リセット」たった一言。それだけで、世界は、三日分死ぬ―。能力者が集う街、咲良田。浅井ケイは、記憶を保持する能力をもった高校一年生。春埼美空は、「リセット」―世界を三日分巻き戻す能力をもっており、ケイの指示で発動する。リセット後の世界で「現実」に立ち向かう、少年と少女の物語。

1 CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY 
--衝撃的だった。乙一を思い出す。透明感があって青くて―黒くひどい要素も一滴。
2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL 
--儚く、脆い印象が桜とダブってとても良かった。
3 MEMORY in CHILDREN 
--すべてがはじまるきっかけの、夏。巻数増すごとにこのシリーズへの執着に深みが増す気がして、怖くなる。
4 GOODBYE is not EASY WORD to SAY 
--短編集。本編ではないものの、ケイや春埼の何気ない日常に堪能。「ホワイトパズル」が特に良かった。
5 ONE HAND EDEN ☆
6 BOY,GIRL and ―――
--改めて表紙とタイトルを見返すと言葉が出てこない。物語は、ずっと前から始まっていたのか。
7(完) BOY,GIRL and the STORY of SAGRADA 
--しっかり着地。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。