空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扉守(光原百合)

潮ノ道という舞台に、見え隠れしているファンタジック要素にドキドキした。人間関係より土地の描写に力が入っていて だからこそ特殊なモノたちに入り込みやすかったけど、反面 人物をもっと深く描いてほしいと思ったりも。このくらいの浅い距離感が適度なのかもしれないですね。

全6編。帰去来の井戸、扉守、桜絵師が好み。ピアニシモより小さな祈り は、もっと零と静音の交流が見たかった…

(2010/8読了)★
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。