空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覆面作家の夢の家(北村薫)

シリーズ第3作目にして完結巻。
お、終わってしまったー(号泣)!!
円紫師匠と私シリーズとはまた違った味のあるコンビでした。
最初の巻こそ、千秋さんの内弁慶ならぬ外弁慶ぶりに目がいってしまっていたけど、2巻、3巻と読んでいくうちに彼女以外にも十分魅力的なキャラクタがわいわいと登場している。

ミステリメンバーでも楽しかった。殺人事件も度々起こっていたけれど、さりげない謎と 鮮やかに解かれる瞬間がとても良かったな。今回の カー なんか、特に。

岡部兄と静さんのご結婚は冗談かと思ってましたすみませんん。

(2010/8読了)☆ シリーズ通しての感想
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。