空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天神のとなり(五條瑛)

やっぱりというか、この方の二大シリーズ(鉱物・革命)と比べると、精度というか濃度は落ちてしまうんだけど、五條さんスキーには特に、楽しめる1冊なんではないかしらと。

主従関係で言えば上なのに、どうにも鏑木に主導権を握られているような、そんなむなしさを感じてしまう白樺が面白かった…この人一応ヤクザのトップ張ってる人だよね・・クク…。なぁなぁで生きているような鏑木も、付き合っているうちに彼の人となりというか、「温かさ」を持っている人なんだと知ると、京二みたいに懐きたくもなるかな。京二の献身的な態度は…良い。

(2010/8読了)★ 感想
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。