空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翼の帰る処 下(妹尾ゆふ子)

再読したときの方がすごく楽しんでいるかも。
普段、どれだけ本を読むという行為が目で文字を追うだけの作業になりつつあるのか思い知らされた。ヤエトの歴史の大切さにもう少し耳を傾けていれば、初読はもっと楽しめただろうに。ルーギン、皇女、セルク…ヤエトとキャラたちとの掛け合いは、それはもう秀逸だけど、初読はそればかり目が行ってたからなぁ。当時の記事読むとヒシヒシと。 あ。一目惚れした老騎士は何度読んでもかっこいい。これだけは言っておかねば。

歴史を知ったうえで、北嶺を見るととてつもない「秘密」…魅力的な何かが秘めていそうで、否が応でも興奮してしまうよ!
幸い、下巻は古書店で見つかったのでこうしてすぐ読めたけれど、2以降は本屋さんで買うべきか…悩む。

(2010/8再読)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。