空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翼の帰る処 上(妹尾ゆふ子)

1年半ぶりに読み返す。
隅々まで世界がきっちり構築されていて、こういうファンタジーを読めるのって本当幸せだなぁと思った。
そして舞台の北嶺は、物語上においても土地柄、歴史面でも強く惹かれる場所だと今さらながら気づく。
ヤエトへの見方も変わったかな。 夢は隠居生活、数々の災厄に頭を抱えながらも結局はどれも見捨てない―見放さないのは、結局は良い人って何よりの証拠だよ。

手元にこれしかないのがもどかしい!!下巻以降は全部借りて読んでたから・・。ううう、先は知っているけどもっとじっくり読んで、この世界観に浸りたいシリーズです。

(2010/8再読)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。