空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再読:『シュバルツ・ヘルツ』シリーズ(桑原水菜) その2

ラム前後を再読しやした。
って言っても、初読時はとかくケヴァンケヴァン言っていて、や、今でもそれは変わってないんだけど、とりあえずケヴァンとアドルフのあれこればかり気にしていて、チーム15歳の苦悩や奮闘とか、アースガルズのアース派ヴァン派連中のことなんぞまったく関心がなかった記憶が・・(読メのコメントが痛すぎて泣ける・・)

2年前に読んだときよりかは、若干冷静に見るようになれたから、もっとこのシリーズを読もうって気になれたかな。ケヴァンが出てくる度にキャーキャー言ってる輩ですが。

でも、こうしてここまで読むとケヴァンのモテさが急増しているなぁとか。アドルフを筆頭に、強制的にしもべを従えることになっちゃったり(二名)奏に片思いされたり、アイザックには憎まれーのやっぱり気にかけられていたり。
このシリーズの核は、奏とアイザックだと思うんだけど、やっぱりケヴァンに目が行ってしまうのは仕方ないと思うw
表紙の出現率も高いしね、ってかほとんど出てくるしww

そんなこんなで1月から再読を始めてちょうど1ヶ月。ようやく当時読んでたところまで追いついたー・・どんだけ放置プレイ。
外伝の「ゲスタァン」も半分あたりまで読めてきたし、本編の続き読もうかな。


というわけで、今日は久々に本をがっつり読めた日でした♪ 1日3,4冊って久しぶりな感覚・・(全部ラノベだけどw)


燃える湖底のラム〈前編〉―シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓 (コバルト文庫)燃える湖底のラム〈前編〉―シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓 (コバルト文庫)
(2007/10/01)
桑原 水菜

商品詳細を見る

燃える湖底のラム 後編―シュバルツ・ヘルツ-黒い心臓 (2) (コバルト文庫 く 5-84)燃える湖底のラム 後編―シュバルツ・ヘルツ-黒い心臓 (2) (コバルト文庫 く 5-84)
(2007/11/30)
桑原 水菜

商品詳細を見る
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。