空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Category [☆毛利志生子 ] 記事一覧

スポンサーサイト

クロス~月影の譜~(毛利志生子)

現代+吸血鬼もの。思っていたのと違う展開…だった。いや、吸血鬼の彼がてっきりヒロイン飛鳥に気があるのだとばかり思って読みはじめたものだから、まさか従姉妹に流れるとは思わなんだ。でも、飛鳥を囲むレイ青年と、かれの「助言者」美少年シンの3人の組み合わせは好きだったなぁ。ロマンスは…主人公には欠片ほどしかなかった気がするけれど、彼らの今後を読んでみたいと少し思った。...

『カナリア・ファイル』シリーズ(毛利志生子)

ある時はショット・バー『辻』のバーテン、ある時は道教をベースにした日本古来の呪術を操る「呪禁師」。そんな有王が、人間の生命を食べて黄金を生むという虫、「金蚕蠱」を祓ったことをきっかけに、謎の一族「綾瀬」の内部対立に巻き込まれ、「カナリア」と呼ばれる不思議な少年を探すはめに…。呪術VS呪術の壮絶なバトルの幕が切って落とされる!毛利志生子のデビュー作。→感想金蚕蠱・傀儡師・猫鬼(コバルト版・まとめて感想...

夜の虹シリーズ(毛利志生子)

19世紀帝政ロシア。絵を描くのが大好きな少女オリガは、いやいや少年の失踪事件の捜査に関わるが、行く先々で現れる訳あり副署長ロジオンに、腹が立つやら調子が狂うやら。ミステリアス・ロマンス開幕!夜の虹 感想夜の虹 灰色の幽霊 感想...

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。