空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Category [伊坂幸太郎 ] 記事一覧

スポンサーサイト

PK(伊坂幸太郎)

その決断が未来を変える。連鎖して、三つの世界を変動させる。こだわりとたくらみに満ちた三中篇を貫く、伊坂幸太郎が見ている未来とは―。未来三部作。(「BOOK」データベースより)★4/感想...

マリアビートル (伊坂幸太郎)

蜜柑と檸檬が好きすぎた。時間制限付きの、新幹線の中での殺戮戦(巻き込まれた者複数)。オビになっとく。殺し屋たちの狂想曲。2010/10☆ 感想...

バイバイ、ブラックバード(伊坂幸太郎)

面白かったー!男の五股 なんて、聞いただけでも虫唾が走るのに星野くんとなると最後の最後で憎めないような気にさせられる。さすがというべきか。苺狩り、 ブランドのバッグ、 ひとりキャッツアイ、 115、 「パンになりたい」。最後の「×××した」に、今後とう話が広がっていくのか妄想するーひそかに不知火刑事の再登場を望んでますw2010/10読了☆ 感想...

オー!ファーザー a family(伊坂幸太郎)

みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、みんなどこか変わっていて。俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。そして、今回、変な事件に巻き込まれて―。(2010/5/8読了)☆☆☆☆ 感想--久しぶりの伊坂節を見た気がしてゾクゾクした。やっぱり私は初期のエン...

SOSの猿(伊坂幸太郎)

ひきこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空―救いの物語をつくるのは、彼ら。(2010.4読了)★★★+今回は難解だった。2/3くらいで挫折、最後まで読んで納得はしたけどモヤモヤが残る。前作と同じで実験的な作品。これらを超えた”何か”が生まれるような、その過程で出来たものなのか。これがわたしには合わなくても次回作も楽しみに...

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。