空想タイム

感想整理処のサブブログ。少し感想も交えつつ…。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み本消化計画2013

全22冊。今年も地道にやっていくよ。
2012年に買った積み本を消化するぞー。目指せコンプリート。

・少年陰陽師 朝の雪と降りつもれ
・少年陰陽師 さやかの頃にたちかえれ
・水滸伝 1 曙光の章
・薔薇のマリア 17.この痛みを抱えたまま僕らはいつまで
・夜の国のクーパー
・恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁
・死の泉
・シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と虹の後継者
・死者のための音楽
・シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と水の王様
・鬼舞 見習い陰陽師と悪鬼の暗躍
・花神遊戯伝 よろしく響け、この異世界
・立花美樹の反逆 THANATOS
・東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT
・東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE
・夜の写本師
・封殺鬼 クダンノ如シ 中
・封殺鬼 クダンノ如シ 下
・残り全部バケーション
・宝石箱のひみつの鍵 ヴィクトリアン・ローズ・テーラー
・RDG6 レッドデータガール 星降る夜に願うこと
・鬼舞 ある日の見習い陰陽師たち
スポンサーサイト

革命シリーズ全10巻(五條瑛)

『プラチナ・ビーズ』で鮮烈な印象を残した”サーシャ”が登場。ゴロツキ青年だった亮司は彼と出会い、数々の事件に遭遇しながらも変化し、成長していく。巻によって主役は変わり巻増すごとに人・勢力の交流・激突が激しくなっていく。だんだんと神聖の象徴として取り扱われていく亮司(笑)や、彼に執着するもの、崇拝するものたちの関係がお気に入り。プラチナ~では幼い少年だったスミレの成長ぶりにも興味わいてきますが、やはり何といってもサーシャと亮司のやり取りが楽しくほろ苦い気持ちにもさせられて、面白いです。全10作を予定している本編、結末が楽しみ。

断鎖-Escape-☆ 感想
紫嵐-Violet Storm-☆ 感想
心洞-Open sesame-★ 感想
恋刃-Lancet-★ 感想
愛罪-Uxoricide-★ 感想
純棘-Thorn-★ 感想
狂血-Immigrant and illegal immig-☆ 感想
誘魔-Old offender-★ 感想
喪国-Revolution- ★ 感想

シュガーアップル・フェアリーテイルシリーズ(三川みり)

銀砂糖師を目指す少女アンが、用心棒の戦士妖精シャル、おっちょこちょいなミスリル・リッド・ポッドと共に度重なる試練に奮闘する物語。砂糖菓子が高く評価されてる国という設定は、おとぎ話のように可愛いらしい反面アンが直面する数々の試練はシビアでもあり締まってる印象。美形だが口が悪いシャルとの関係が話が進むにつれ気になります。
個人的にとっても好きな絵師あきさんの絵はすさまじく素敵。

銀砂糖師と黒の妖精 ('10/4)☆ 感想
銀砂糖師と青の公爵 ('10/8)☆ 感想
銀砂糖師と白の貴公子 ('10/12)☆ 感想
銀砂糖師と緑の工房 ('11/4)☆ 感想
銀砂糖師と紫の約束 ('11/8)☆ 感想
銀砂糖師と赤の王国 ('11/10)☆ 感想
銀砂糖師と黄の花冠 ('12/3)★ 感想
銀砂糖師と灰の狼 ('12/4)★ 感想
銀砂糖師と虹の後継者('13/3) 感想

夜の底は柔らかな幻(恩田陸)

特殊能力を持つ“在色者”たちが、“途鎖国”の山深くに集まる“闇月”。殺戮の風が、次第に暴れ始める―。殺人者たちの宴が、幕を開ける。 (「BOOK」データベースより)

上巻 ★4.5/感想
下巻 ☆4.5/感想
*CommentList

おこぼれ姫と円卓の騎士シリーズ(石田リンネ)

ソルヴェール国の第一王女・レティーツィアは、将来自分が“女王になる”ことを知っていた―。結果、優秀な兄たちの“おこぼれ”で王位が転がり込んできたレティは、王の専属騎士団を作るべく、漢の中の男と評判の騎士・デュークを強引に勧誘。けれど彼は「『おこぼれ姫』の愛人と呼ばれるのは願い下げ」と一刀両断!ますます彼がほしくなったレティは…!?第13回えんため大賞優秀賞作。(「BOOK」データベースより)

おこぼれ姫と円卓の騎士 ★4/感想
おこぼれ姫と円卓の騎士 女王の条件 ☆4/感想

左サイドMenu

検索フォーム

最新記事

プロフィール

ミナモ

Author:ミナモ
本好き。
お気に入りは、5段階(☆>★)の順。
本家「ある休日のティータイム」サブブログとして使用開始。

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。